Product Review

シャトー・ド・リュサック 2004

シャトー・ド・リュサック 2004

この商品の最初のレビューを書く

Availability : 在庫あり

3700

クイックビュー

2004年のボルドー、赤ワインは長期熟成型が生み出されました。例をみない猛暑により、果実は完熟し、乾いたタンニンが特徴的です。中には、早いうちに飲むことでより瑞々しい果実味を楽しむことのできるものもあります。
平均樹齢35年。石灰質、粘土質、ローム質の土壌。選果は、機械と手作業の二回。温度管理の下、1週間にわたってステンレスタンクで発酵。澱とともに熟成。
香りには、黒系果実、スミレ、リコリスが感じられ、口に含むと柔らかな果実味が広がります。落ち着いたタンニンは繊細なロースト香によりまとめ上げられます。

あなたのレビューを投稿する

会員になるとレビューを投稿できます。 ログイン または ご登録ください。

詳細

シャトー・ド・リュサックは、1876年に創設され、2000年からマダム・G・ラヴィエール・ヴァン・マルデレンとその夫エルヴェが所有しています。

醸造施設と同様に畑も一新し、今日ではサンテミリオンでも最高級のワインを粘土質、ローム質の土壌で生産しています。

Appellation : リュサック・サンテミリオン、ボルドー

Alcohol : 13%

Varietal Grapes : メルロー、カベルネ·フラン

Vintage : 2004

Bottle Size : 750 ミリリットル

  Loading...