アイヴォリー&バート – レッドブレンド2018

アイヴォリー&バート – レッドブレンド2018

2018年のカリフォルニアは、ブドウの成熟期に理想的な気候条件に恵まれたため、西海岸全体で非常に素晴らしい年となりました。ここ数年間では二番目の収穫量を記録した年でもありました。 セントラル・ヴァレー、ローダイからブドウを収穫。アメリカンオーク樽で熟成。 果汁溢れる黒系果実のアロマ、アメリカンオーク樽からくるトースト香を宿した、伝統的なレッドブレンド。口に含むと、チェリー、ブラックベリーの果実味、スパイス感、バニラ香が見事に調和しています。ローダイの魅力のショーケースと言わんばかりです。 マリアージュ:スパイシートマトソース、羊肉、牛肉、サーモン、チェダーチーズ、パルメザンチーズ、ゴーダチーズ
可用性 : 在庫あり
カリフォルニアで最も古くそして最も新しいワイン銘醸地ローダイで活躍するアイヴォリー&バートの創設者、チャールズ・アイヴォリーとJ.M. バートは、この地の最初期の入植者でした。麦やスイカが栽培れていたこの地は、その肥沃で豊富なミネラル分を含んだ土壌と、地中海性のミクロクリマを活かしたブドウ栽培へと時代とともに変容していきました。2015年にワイン・エンスージアスト誌のWine Region of The Yearに選ばれ注目が高まったこの地ですが、ジンファンデルのブドウ樹は、120歳を超えるものもある歴史ある地域ででもあります。最も古くからありながら、次世代のワイン産地と言えるのがローダイです。 アイヴォリー&バートの醸造責任者は、ロバート・モンダヴィで醸造責任を務めたデヴィッド・アキヨシが担当しており、品種ごとの可能性を追求し、食事と楽しく合わせることのできるワインを作り出しています。
その他の情報
種類
ボトルサイズ 750ml
名称 ローダイ、カリフォルニア
アルコール度数 13.8%
ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン53%。マルベック31%。メルロー14%。プティ・ヴェルド2%
ビンテージ 2018
あなたのレビューを投稿する
登録ユーザーのみがレビューを書くことができます。お願いします サインイン または アカウントを作成する